ホーム > キャリアアップ

キャリアアップ

教育プログラム|段階別設定目標
看護師として専門的知識や技術を段階的に身に付けられるよう、4段階のクリニカルラダーが設定されています。
各段階で身に付けて欲しい能力は

1.看護実践能力 2.マネジメント能力 3.人間関係能力 4.教育・研究能力

の4つのカテゴリーに分類されています。3年後にはレベルⅢにステップアップできることを目指します。
その他、院外研修や学会、各種セミナーへの参加も必要に応じて可能です。
教育プログラム
レベルⅠ|基礎1 卒後1年目必修

新人集合研修

新人集合研修
■コース紹介
現場ですぐに必要となる技術を集合研修で学びテストでクリアしてから現場で実践します。
定期的なフォローアップを受けながら、社会人として基本的な態度も身に付けていきます。
集合研修(採血、膀胱留置カテーテル、喀痰吸引、血糖測定、静脈注射)
1ヶ月研修(課題抽出)3ヶ月研修(複合事例)6ヶ月研修(ケーススタディー)9ヶ月研修
レベルⅠ基礎1担当者から
新人と指導者の両方を担当することで双方の気持ちを共有できる事ができます。指導する大変さを学びながら、初心を忘れないようコースを担当させていただいており、自分も常にスキルアップできるように自己研鑽をしています。

新人集合研修

実習風景

新人集合研修

実習風景
■到達目標
1.社会人、職業人として、基本的な態度を身につけることができる。
2.新人技術チェック項目を修得できる。
3.受け持ち患者の看護計画を立案し、実践できる。
4.看護実践を通して自己の看護観を深めることができる。
4月 オリエンテーション
社会人として、看護職業人としての基本的なマナーやルールを学ぶ
5月~6月 集合研修(1回/週)
患者に侵襲の高い技術について講義&演習を行い、スキルアップを目指す
7月 3ヵ月研修
臨床実践を通して学んだこと、困ったことなどについて同期生で共有し活力に繋げる
10月 6ヵ月研修
看護実践を通して、自らの看護を振り返るケーススタディのまとめ方について学ぶ
1月 9ヵ月研修
臨床実践を通して学んだこと、困ったことなどについて同期生で共有し活力に繋げる
3月 12ヵ月研修
看護実践を通して、患者への影響・変化について振り返り、今後の看護実践に活かす学びについて同期生と共有する
平成27年度修了生から
臨床で必要となる技術のひとつに、静脈注射等があります。その技術を研修で学び、技術を習得して、合格してから実践することで、自信を持ち、安全で確実な看護実践へ繋げていくことができます。しっかりとサポートを受けながら、看護の基礎となる知識・技術を身につけていくことができます。
平成27年度修了生から
基礎となる知識や技術を学んでいます。研修を受け、基礎知識、技術を深めることで患者様に対して安心で安全な看護を提供することに繋がっています。新人同士での練習や話し合う機会も増え、不安な思いを共有することでモチベーションアップにもなっています。今後もエビデンスを追求することを忘れず日々向上心を持ち、成長していきたいです。
平成27年度修了生から
4月から一般病棟で勤務しています。入院される患者様は若い方から高齢の方まで幅広く、色々な診療科、年齢層に対する知識が必要になります。初めは分からないことばかりで、知識不足や技術面で不安を感じることもありましたが、先輩方の熱心なご指導とサポートを受けて日々成長できるよう頑張っています。
平成27年度修了生から
回復期リハビリテーション病棟で働いています。患者さんは高齢の方が多く、原疾患に加えて既往症を抱えていらっしゃることもあるため、毎日リハビリを安全且つ順調に行っていただけるよう心身の健康維持増進に努めています。他職種と協働し、勉強することがたくさんありますが、自己成長に繋がる多くを学べると感じています。
指導者からみなさんへ
実地指導者コースでは、新人看護職員指導について定期的にコース受講者同士で集まり、情報交換や演習を行い、指導法の再発見やお互いの本音で話しあい、共感し情報共有をすることで気持ちが楽になる時間を大切にしています。
レベルⅠ|基礎2 卒後2年目必修

会議風景

会議の進め方 実習風景
■コース紹介
このコースは、卒後2年目が対象のコースです。1年目が終わり習得した援助技術の中で1つの技術に対して看護手順から根拠を深めていくことで根拠を知り援助を行なう大切さを再認識できる様なコースです。また、コースに参加していく中で会議の進め方、司会・書記・メンバーの役割などを理解できるように支援しています。
藤岡 泰成
平成27年度修了
藤岡 泰成
1年間基礎知識を学んだ私たちは、1つの看護処置に対する根拠を追及してエビデンスについての学びを深めています。根拠をもって看護処置をしていくことは必ず必要なことであり仕事をしながら学ぶことができ現場でも活かせています。これからも教育のラダーと自己学習に学びを深め看護にいかしていきたいです。
西尾 翔太朗
平成27年度修了
西尾 翔太朗
このコースでは1年目で習得した看護技術をさらに深め、根拠を明確にして実践できるように学びを深めています。3年目になると、自分が習得した看護技術を指導する立場にもなると思うので、より1つ1つの看護技術のエビデンスを明確にして取り組んでいきたいと思います。
レベルⅡ|卒後3年目必修

ミーティング風景

ミーティングの合間の笑顔
■コース紹介
メンバーとしての役割を理解しメンバーシップが発揮でき、リーダーの役割を理解するためにリーダーシップを学ぶコースです。リーダーシップを発揮できる取り組みを各部署で行い、その結果学べたことを発表します。
また、小論文を書くための講習会を受けて、自己の看護観を小論文にまとめて提出します。
小林 小雪
平成27年度研修担当
小林 小雪
看護観は昨年から書いてもらっていますが、看護師にはとても大切な事であり受講者がどんな看護観を持って看護をしているかを知ることはアドバイザーとして大切なことだと感じています。リーダーシップを理解し発揮することは、とても難しいと感じている看護師が多いので、一年間受講する中でしっかりと学んでいって欲しいと考えてます。
増谷 紗矢佳
平成27年度修了
増谷 紗矢佳
私達の学んでいるレベルⅡ 卒3リーダーシップでは、自分たちでリーダーシップを発揮できる取り組みを考えたり、月に一度の会議以外の時間でも取り組みについて話し合ったりしています。また、リーダーシップの取り組み以外でも、自己の看護観について・メンバーシップについて、など様々なことを学んでいます。
早川 久登
平成27年度修了
早川 久登
私は3年目の男性看護師です。今年は教育プログラムでリーダーシップと看護観を学んでいます。主体的に看護の取り組みを、リーダーシップを取って実践することは難しく、日々悩み、先輩看護師に相談しながら進めています。また自分の看護観を見つめ直し、今後の看護に繋げていきたいです。
ベース|全看護職員必修

手術室勉強会

手術についての研修
■コース紹介
看護職員全員を対象とした研修を行います。各種機器や器具の使い方、薬剤等の管理や注意点、看護倫理、コミュニケーション、プレゼンテーション、ハラスメント、ワークライフバランス、災害看護など、当院の看護師として活躍できる基礎を身につけます。

 

 

 

 


チャレンジ発表会

 


チャレンジ発表会

 


感染研修修了証授与

 

■到達目標
1.看護職員としての自覚を持って業務にあたることができる。
2.専門職業人としての責任のある行動が取れる。
3.看護職能人として専門知識を向上することができる。
トピックス ナースだから知っておきたい看護倫理(5月)
ナースのためのレポートの書き方(12月)看護師として論理的な文章の書き方
プレゼンテーションの仕方(9月)効果的なプレゼン、パワーポイントの作り方
なにをどうかけばいいの?看護サマリー(8月)
【がっつり実践セミナー】(10月)中心静脈カテーテルのエビデンスから介助まで
【MS部コラボセミナー】認知症について
【リハビリコラボセミナー】あやふや知識をすっきり解決!ギプスのあれこれ
医薬品
安全管理
セミナー
医薬品安全管理研修
ハイリスク薬剤とは、投薬方法による効き方、血中濃度測定、インシュリン、症例から学ぶ薬の管理
医療機器
安全管理
セミナー
これだけは押さえておきたい12誘導の使い方と緊急を要する波形(7月)
心電図の測り方、波形の読み方
輸液ポンプの取り扱い方(6月)
輸液ポンプで起こりやすい事故とは、輸液ポンプの基本操作、エラーの対応方法、原理・仕組みを理解しよう
呼吸器の基礎知識と取り扱い(11月)呼吸器の基本的な知識
手術室公開
セミナー
局所麻酔の基礎知識
局所麻酔とは、局所麻酔に関する基礎知識、局所麻酔に関する合併症
感染研修
集中講座
血管留置カテーテル感染予防
尿道カテーテル感染予防
手術部位感染予防
抗菌薬、など
 (毎月1回)
摂食・嚥下
研修
【管理栄養士とのコラボ研修】口腔ケア
口腔ケアの基礎知識、摂食・嚥下リハビリテーション、麻痺のある患者への対応技術
【管理栄養士とのコラボ研修】姿勢調整
姿勢調整の基礎知識、誤嚥防止技術、臥床時・摂食時の技術
【管理栄養士とのコラボ研修】食事介助のテクニック
食事介助の基礎知識、誤嚥防止技術、テクニック
pageup