医療法人富田浜病院

  • 富田浜病院グループ
  • 医療法人 富田浜病院

  • 社会福祉法人 富田浜福祉会
  • 画像を拡大
トップ > 診療案内 > 放射線科

放射線科

医師のご紹介

加藤 憲幸 三重大学医学部放射線科 准教授

加藤 憲幸 三重大学医学部放射線科 准教授
学歴
昭和61年三重大学卒 医学博士
専門分野
血管の画像診断、カテーテル治療
資格等
放射線診断専門医
IVR指導医
脈管専門医
マンモグラフィ-読影認定医
腹部大動脈ステントグラフト指導医
胸部大動脈ステントグラフト指導医

小林 茂樹 三重大学医学部放射線科 大学院科内講師

小林 茂樹 三重大学医学部放射線科 大学院科内講師
学歴
昭和62年北里大学卒 医学博士
専門分野
画像診断(特に泌尿生殖器系MRI診断・腫瘍PET)
資格等
放射線診断専門医
核医学認定医
PET核医学認定医
マンモグラフィー読影認定医
臨床研修指導医

特長・特色

近年、医療機器の発展はめざましく、放射線科で扱う機器も例外ではありません。
特に、最近のCT装置(MDCT)やMRI装置などは、その診断性能が大幅に向上しています。CT検査では、以前なら数分を要していた検査がわずか数十秒でできるようになり、 その画像も断面のみならず、あらゆる方向からの画像や3D画像等で診ることも可能となりました。
当科では、これらの医療機器を多くの皆様にご利用いただくため、地域の医療機関から予約検査をお受けし、医療連携に力を入れています。 また三重大学医学部放射線科より放射線科医を派遣していただき、画像読影業務を行っていただいています。

単純X線撮影

胸、腹部、四肢の骨関節などのレントゲン写真のことです。
「部位」「方向」「撮影枚数」など、医師の依頼、指示に基づいて撮影します。

透視検査

消化器の透視検査では、胃や大腸の全体像を観察、診断します。
関節腔や脊椎腔造影検査では、目的の部位に造影剤を注入して撮影、診断します。
また骨折などの整復に用いることもあります。

乳房X線撮影(マンモグラフィ)

乳房X線撮影(マンモグラフィ)

乳がんは増加傾向にあり、検診による早期発見が重要視されています。
マンモグラフィは腫瘤(しこり)や微細な石灰化を描出することが可能で、視触診では判らないような早期の小さな乳がんを見つけることができます。 検査時間は10分ほどで終わります。
当院は、認定読影医師および認定撮影技師が在籍しています。(マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定。)

X線骨密度測定

X線骨密度測定

X線を利用して骨の量、骨密度を測定します。
骨密度とは、骨の中にあるカルシウム(ミネラル分)などがどれくらい含まれているかを示したものです。
骨密度が低くなると骨の中がスカスカになり骨折しやすくなってしまいます。この状態を骨粗鬆症と呼びます。
検査時間は10分ほどで終わります。

CT検査(コンピュータ断層撮影)

CT検査(コンピュータ断層撮影)

X線とコンピュータを組み合わせて使用し、身体の内部構造を精密に調べる検査です。
検査を行うに当たり、息止めや体を動かさないなどの制限があります。また、必要に応じて血管に針を刺し造影剤を注入して検査する場合があります。
検査時間は、目的の部位や検査方法によって異なりますが、通常5分~20分で終了します。
CT検査は、検査をする部位に金属があると画像が乱れてしまい、正確な診断ができなくなる場合があります。そのため、金属の付いた服、下着、貴金属類をはずして頂く場合があります。 なお、当院では検査着も用意しておりますので、必要に応じて着替えて頂きます。

MRI検査

MRI検査

MRIとは Magnetic Resonance Imaging の略で核磁気共鳴画像と呼ばれ、強い磁石と電波を使って体内の状態を検査する方法です。
X線は使っていませんので、被曝の心配はありません。
いろいろな方向からの体の断面の写真を撮影することができます。

●MRI検査を受けるときの注意事項

MRIで使われる磁石や電波は、普通の場合は人体への影響はありません。
ただし、次のような方はMRI検査を受けられない場合があります。
心臓ペースメーカーや刺激電極などを身につけている方
体内に脳動脈クリップや人工関節などの金属が埋め込まれている方
その他、体に金属が入っている方
妊娠されている方、もしくは妊娠の可能性がある方
アートメイクや刺青がある方
これらの項目に該当する方は医師に申し出てください。