• 富田浜病院グループ
  • 医療法人 富田浜病院

  • 社会福祉法人 富田浜福祉会
トップ> 診療案内> 脊椎外来・腰痛外来

脊椎外来・腰痛外来

脊椎外来・腰痛外来

腰痛、頚部痛、上肢・下肢の“痛み”や“しびれ”でお悩みの方へ

脊椎外来・腰痛外来 画像2 脊椎外来・腰痛外来 画像1

診断

当院の脊椎外科では、まず正しい診断を心がけています。初診時には身体所見を詳しく調べ、どのような種類の痛み、しびれがどこの部位にあるかを丁寧に調べます。それにより、神経、筋肉、関節、椎間板など、どの部位が症状の原因なのかを検討します。そしてレントゲン、CT、MRIなどの画像診断を行い、その症状の原因を診断します。

脊椎外来・腰痛外来 画像3

保存的治療

診断の次に、治療法を選択します。患者さんの年齢、病歴、生活スタイル、今後の生活での希望などを考慮し、保存的治療を行います。内服薬、外用薬、ブロック注射、装具療法、リハビリテーション、生活指導など、患者さん個人に合った治療法を選択します。ブロック注射はトリガーブロック、K点ブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロックなどを症状により使い分けています。

脊椎外来・腰痛外来 画像4

手術治療

保存的治療を尽くした結果、改善が得られない場合には手術治療を選択する場合があります。当院で腰椎の手術を行う場合には、できるだけ低侵襲(体を痛めることの少ない方法)を心がけています。椎間板ヘルニアに対しては約2cmの傷で内視鏡を使っておこなうMED法(内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)を主に行います。腰部脊柱管狭窄症にはMISt手技を用いて、棘突起縦割式椎弓切除術や、腰椎すべり症など、スクリュー固定を必要とする場合には経皮的スクリュー固定(PPS)、なるべく筋肉を傷めない筋間アプローチを用いるなど、様々な工夫を行っています。その結果、術後の痛みは軽く済み、早期の社会復帰がしやすくなります。

腰椎圧迫骨折

骨粗鬆症による腰椎圧迫骨折に対しては体幹ギプス固定、コルセット固定による治療と、骨粗鬆症の薬物療法を組み合わせて行っています。
治りの悪い腰椎圧迫骨折には、BKP(Baloon kypho plasty)の手技を行っています。患者さんの状態により術式を決定していますので、ご相談ください。

診察・担当医師のご紹介

河野 稔文 院長・整形外科部長

河野 稔文院長 整形外科部長
学歴
平成10年三重大学卒
専門分野
脊椎
資格等
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本整形外科学会 認定リウマチ医

診察は、整形外科外来診察の中で行っています。

外来受診についてのページへ
整形外科のページへ